FAQ

Q:「るくぴあ」の名前の由来を教えてください。

A:自分と同じ境遇の「仲間」を見つけられるように、という願いを込めて、
「look(見つける)」と「peer(仲間)」を組み合わせました。
ピアカウンセリングの持つ独特の「あたたかさ」をイメージしていただけるよう、全てひらがなで表現しています。

Q:登録されているピアカウンセラーは、どのような人たちなのでしょうか。

A:JPAの主催する「オンラインピアカウンセラー養成講座」を修了し、ピアカウンセラーの認定を受けた方です。

Q:初回無料は、最高で連続何コマ利用できますか?

A:初回無料は、30分1コマまでとさせていただいております。

Q:初回無料は、ピアカウンセラーさんごとに適用されるのですか?

A:いいえ。ご利用者様お一人につき、1回までの適用となります。

Q:相談時間の延長は可能ですか?

A:基本的には料金先払いとなりますので、延長はできかねます。
お手数ですが、最初から複数のコマをご予約いただくか、別日で改めてご予約をお願いいたします。

Q:何を話せばいいのですか?

A:どんなことでもお話ください。ご自身で十分に整理し切れていない状態でも、ピアカウンセラーが
少しずつお話をお伺いしながら進めていきますので、ご安心ください。

Q:どうやって自分にあったピアカウンセラーを選べばいいですか?

A:まずは、ピアカウンセラーのプロフィールをご参考になさってください。
ご自身と似たような境遇を持っているピアカウンセラー等、話をしてみたい、話を聴いて欲しいと感じる
ピアカウンセラーをお選びください。

Q:健康相談も受けてもらえるのですか?

A:医療機関ではありませんので、診療等は行えません。必要に応じて医療機関等適切な機関を紹介する
ケースもございます。

Q:直接会って話をしたり、電話やメールでの対応はできますか?

A:基本的には、テレビ電話を利用したピアカウンセリングが前提となります。
直接メール等でやりとりすることはご遠慮ください。

Q:自分もピアカウンセラーとして活躍したいのですが。

A:まずは、JPAの主催する「オンラインピアカウンセラー養成講座」の受講をご検討ください。

Q:複数人(親子・友人同士等)でサービスを受けたいのですが、可能でしょうか?

A:同一拠点でのご利用であれば、ご家族の方やご友人と一緒にお使いいただいても構いません。
その場合でも追加の料金をいただくことはありません。

Q:テレビ電話でピアカウンセラーに相談するには、どんな環境が必要ですか?

A:インターネットによるビデオチャット環境(「Zoom」が稼働する環境)を
お持ちであることが前提となります。

・インターネット環境
・フロントカメラ付きのスマホ、タブレット端末
(またはカメラ、マイク、スピーカーを接続したデスクトップPCやノートPC)
※すでにお持ちの機器でサービス利用可能か等、詳しくはご相談ください。

「zoom」(無料)
https://zoom.us/

参考:利用方法はこちら(他サイトへジャンプします)
PCユーザー向け日本語マニュアル
http://zoom-japan.net/?page_id=205

Zoomの使い方(iPad編)
http://zoom-japan.net/?p=17

スカイプ、ハングアウト、LINE等、「Zoom」以外での相談はできますか?

A:基本的には、「Zoom」でのご利用を推奨しております。「Zoom」が利用できない等の
ご事情がある場合には、ご相談ください。

Q:回線トラブル等でサービスが受けられなかった場合はどうなりますか?

A:担当ピアカウンセラー側に起因するインターネット接続の不良の場合、別途調整の上、後日改めて
サービス提供させていただくか、返金手続きをいたします。
※いずれも、サービス提供困難となる要因が利用者様側にある場合を除きます。

Q:料金の支払い方法について

銀行振込、クレジットカード、コンビニ決済でのお支払いが可能です。

Q:支払い期日はいつですか?

A:ピアカウンセリング料金のお支払い期日は、ご予約いただいたピアカウンセリング実施日の
72時間前までとなっております。

Q:「るくぴあ」はどうして有償なのですか?

A: 私たちJPAは、常にトップレベルの技術を追求し、クライエントの心に寄り添う専門家集団であり続けたいと願っています。
有償でのサービス提供は、その強い思いの表明であり、クライエントへの約束なのです。

———-
1. ピアカウンセラーのスキル
———-

・実践的なカリキュラムで学んでいる

経験豊富なプロのカウンセラーが講師となり、10日間にわたる講習を受講しています。
「実践」に大きなウエイトを置いた内容であり、さまざまな場面を想定したロールプレイングや
丁寧な個別フィードバックにより、プロとしての実力を身につけています。

・本番同様のセッションによる認定試験を経てデビューしている

JPAでは、単なる認定資格の発行にとどまらず、ピアカウンセラーにとっての就業場所である
「るくぴあ」というマッチングサイトも用意しております。
だからこそ、認定試験も「全員を合格させるための形式的なもの」ではありません。
「本番と全く同じ30分のセッション」を2回行うことで総合的な合否判定をしており、
ベテランのカウンセラーから見ても厳しい項目が並ぶチェックリストを用いて採点します。

・デビュー後の密なフォローアップ

JPAでは、デビューした後のケアこそ大切だと考えています。
フェイスブックの交流グループでの質疑応答や対応に関する悩み相談はもちろん、
必要に応じてピアカウンセラーと事務局との間で個別対応も積極的に行っています。

———-
2. 継続的なサービス提供の仕組み
———-

・ピアカウンセラーを、自分で選択できる

同じピアカウンセラーが、継続的にケアできることも非常に大切なポイントです。
利用者様は、気に入ったピアカウンセラーを毎回指名することもできますし、
話題や相性によって、他のピアカウンセラーを自由に選ぶこともできます。
ボランティアベースのサービスや、訪問型のサービスの場合にはどうしても
人的・時間的・場所的なリソースの制限があり、選択の幅は狭まりがちですが、
JPAのピアカウンセリングサービスにはそういった制限を極力減らせます。

・自分の都合の良い時間に、相談できる

ピアカウンセラーがオープンにしている時間帯であれば、
都合の良い時間に予約を入れて相談できます。

———-
3. 安心して相談できる仕組み
———-

守秘義務、個人情報保護はJPAが徹底した管理の元に行なっておりますので、
クライエントが安心して相談出来る場を提供しています。

■ 有償サービスの副次的効果

———-
4. クライエント(利用者様)も、より真剣にセッションを成功させようとする
———-

有償の場合は、セッションの有効性もより高まることを、私たちは知っています。
利用者様側もより真剣に課題と向き合い、解決に向けて、より能動的に
ピアカウンセラーとともに関わることにつながるためです。

———-
5. 障がい者の就業支援、個人の多様な働き方の促進につながる
———-

最終的に、健常者と遜色ない報酬を、ピアカウンセラーに支払うことができます。

そして今後は、障がい者同士のピアカウンセリングというだけでなく、
その親御さんやご兄弟、あるいは子育て経験や親の介護経験など、
一人ひとりが持つ様々な境遇や経験を武器に、在宅でご自身ならではの仕事をして
感謝の気持ちの対価として正当な報酬を得られる、そういった世の中を作っていきたいと
私たちは強く願っています。

■ 最後に

これらを踏まえた上で、JPAではできるだけリーズナブルな金額で気軽に受けられるよう、
一般的なカウンセリング相場の半額以下に設定いたしました。
テレビ電話によるサービス提供だからこそ、移動や場所にかかるコストをかけず、
ピアカウンセラーの報酬を削ることなく、現在の料金体系を維持できるのです。

どなたでも、初回は無料でサービスを受けることができますので、
私たちJPAのピアカウンセリングを、是非一度、ご体験ください。